94%の人が「呼吸」がしやすくなりましたと回答。マスクを変えれば呼吸が変わる。

呼吸 Co-que premiumは働くすべての人の為に開発された 「自然な呼吸」に徹底的にこだわった新呼吸マスクです。かつてない、通気性と装着感は、体感いただいたモニター様からの絶大な信任を得て誕生いたしました。

呼吸- Co - que プレミアム体験モニター様アンケート評価

マスクを着けていて、このようなことを感じたことはないですか?

「息苦しさ」「喋りにくさ」「思考の低下」「首もとの緊張感」など、マスクを装着する機会が増えることでの不快感はマスクでの「呼吸のしづらさ」が要因と考えられます。「この課題を解決したい」そのような思いを強く抱いた私たちは、長時間のマスク着用にも適した、「呼吸しやすい素材」を一から開発することにしました。そして、ついに誕生したマスク専用の新素材が「Breeze Hole TM」です。※ 実用新案出願中

「Breeze Hole TM」の開発にあたっては、まず15種以上の職種・計50名以上の普段からマスクをつけて勤務されている方に体験モニターとしてご協力いただき、「呼吸のしやすさ」「デザイン」「つけ心地」を徹底的に調査。課題、検証を何度も繰り返しました。

クラウドファンディングサイトMAKUAKEで​注目を集めた「マスクで働く人のために開発されたCo-que premium」がついに、オンラインショップで販売開始!

1.png

呼吸- Co - que プレミアム体験モニター様アンケート評価

マスク着用での「呼吸のしづらさ」が原因で起こる不快感。「この課題を解決したい。」そのような思いを強く抱いた私たちは、マスクに適した素材を一から開発することにしました。そして試行錯誤を重ねた末、ついに誕生したマスク専用の新素材が「Breeze Hole TM」です。

まったく新しい新呼吸素材Breeze Hole TM 

8つの効果を持つマスク専用素材で、新鮮な空気を取り入れて、淀んだ呼気を吐き出す。マスクの革命を体感できる新素材です。

Breeze Hole TM の通気性は淀んだ呼気をマスク外に放出。花粉粒子など外的要因を防ぎ、きれいな空気だけを取り入れます。

※カケン 花粉粒子の捕集(ろ過)効率90.7%

財)日本衛生材料工業会 全国マスク工業会 規定試験方法

息苦しい。むれる。喋りにくい。

誰もが感じるマスクの不満を解消しました。

「風を感じられるマスク」、あなたも体験してみませんか?

従来のマスクに比べて圧倒的に通気性がよく、息だまりができません。二酸化炭素を排出しながら新鮮な空気を取りいれることによって、常にドライでスッキリとした清潔な環境とつけ心地の良さを保つことができます

気化冷却という現象をご存じでしょうか?

熱を帯びた地面などを水分等で冷やすことで、蒸発することで熱を放出し、地面を涼しくさせる効果です。打ち水効果とも呼ばれています。その気化冷却を利用して、「呼吸 Co-que premium」は、冷感マスクとしてもご活用いただけます。ウエットスーツのような耐水効果を兼ね備えた「Breeze Hole TM」は、濡れたまま使っても問題ありません。むしろ冷蔵庫でキンキンに冷やしてからもお使いいただき、超冷感を感じていただけます。

「Breeze Hole TM 」 は、耐水と復元性にすぐれ、濡らして、絞って、そのまま使える素材です。気軽に洗浄し、すぐにお使いいただけます。ジムのパウダールームやロッカールーム、プールなど、今まで濡れたマスクで不便を感じていた場所でもお使いいただけ、1つお持ちいただくだけでも実用性が高いマスクです。

呼吸 Co-que premiumは、夏だけではなく冬にも対応可能です。「Breeze Hole TM 」は保温効果も高いため、温めてから使用いただければ、まるでカイロを当てているかのように口元がほんのりと暖かい状態を保ちます。

鼻筋にそって、立体的に縫製し、顎部分をしっかりマスクにアジャストさせるデザインは、意匠登録(出願中)したマスクフォルムです。耳当て部分はアジャスタで調整が可能。自立するほど立体感があるので、息がこもることもなく長時間着用を続けていても違和感がありません。

※意匠登録(出願中)

マスクとしては初の先鋭的な意匠登録フォルム。 鼻柱と顎でマスクをしっかりと固定して耳当てはアジャスタで調整可能なので、お子様から成人の方まで老若男女問わず使用する方に合わせてしっかりとフィットします。(お子様は中学生ぐらいからの推奨です。)

人は「呼吸」によってカラダの熱を放出して体温を下げる働きを助けます。呼吸 Co-que premiumは、熱の放出を妨げない空気の通り道を確保。新鮮な空間を保ちます。

超立体3Dフォルムは、鼻柱と顎でしっかりとフェイスをホールドするので、マスクの隙間から息が漏れることも、外気をそのまま吸い込むということもありません。

そして、何度洗っても型崩れしないタフな素材です。装着の仕方が雑だったり、繰り返しの使用によりゆるんでしまったマスクを使用していたら、どんなに高機能マスクだとしても効果は十分に発揮できません。耐久性に優れた当商品だからこそ優れたフィット感を保つことが可能なのです。

超立体3Dフォルムは鼻元が固定される形状のため、マスク上部に隙間ができません。つまり小鼻付近から息が漏れることがないため、「メガネがくもる」というマスクの難題もクリア。メガネをかけている方にとっては大きな悩みの種が、見事に解消されています。

仕事でマスクを装着する場合、長時間付けっぱなしとなる可能性も高いです。だからこそ当商品では、つけ心地を左右する「耳当て部分」に徹底的にこだわりました。アジャスタで調整可能にすることにより、最も負担のかからない長さをご自身で調整できる仕様です。顔のサイズに合わせて長さを変えて、ぜひお好みのフィット感で装着していただけたらと思います。またゴム紐部分には肌触りのいい平型ナイロンゴムを使用し、長時間の使用で耳が痛くなることを防ぎました。

呼吸- Co - que プレミアム体験モニター様アンケート評価

どのような仕事にも対応可能!オンラインストアでは新色3色が追加され洗練された8種類のデザインをご用意しまております。

​追加された新3色は(ベージュピンク/アイボリー/チャコールグレー)となります。

素材感を活かしたスタイリッシュなデザインと、普段のファッションや好みに合わせられるカラーバリエーション。洋服を選ぶような気持ちで毎日選べる、高級感のあるマスクです。

30回に及ぶ手洗い試験でも縮小率はなんと0%!

縮小率0%※カケン 手洗い洗濯テスト

驚きの耐久性を兼ね備えたフォルムと、何度使ってもクタクタにならない速乾素材。手洗い後もすぐに乾くので、いつも清潔な状態でお使いいただけます。

呼吸 Co-que premiumは2つ折りにすることも可能なためコンパクトに収納させる事が可能です。マスクを外した際にも保管場所に困ることがなく、衛生面を気にされる方への配慮もいたしました。

マスクは、お客様から見たらいつでも必ず目に入るもの。そこで私たちは「マスクを広告として利用できないか?」と考えました。呼吸 Co-que premiumは、「アドマスク」としてオリジナルロゴなどをプリントすることが可能です(50個からオーダー受付)マスクをユニフォームの一部として利用することで、店舗スタッフ様のモチベーションUPや認知拡大に繋げます。また繰り返し使うことができるので、広告としても費用対効果がとても高いアイテムです。

1.png

オリジナルのロゴプリントは50個からお受けしております。リターンでのお礼のメッセージメールにご案内のメールアドレスを記載しておりますので、ご返信をお願い致します。メールでのやり取りをさせていただき、テンプレートガイドに沿ってデータをご入稿いただく流れとなります。

オリジナルプリントに関する注意点

・ご支援者様でデータを作成いただきご入稿をお願い致します。

・入稿内容の不備等は事前にご連絡いたしますが、現物については事前にサンプル送付は致しかねますのでご了承ください。

この度は、このプロジェクトにご興味をいただきまして、誠にありがとうございます。開発者の角本隆一です。新型コロナウイルスの影響で、私の住む神奈川県茅ヶ崎市でも多くの働く人が自粛生活を過ごしてました。その間、休業を余儀なくされる方達に、自分にも何かできる事があるのではないか ?Co -que の着想は、医療従事者以外でも、対面でマスク着用が義務付けられ、長い時間マスクを着用する人のために使い勝手のいいマスクがあってもいいのではないか?という考えから生まれました。

例えば、飲食店の方たちがいつものように自然に呼吸ができて、笑顔で接客ができるマスク。濡れても使えて、簡単に乾き、タフに使えるからジムでも現場作業にも涼しく快適に使える。さらに、声がこもらないから、会話もしやすく、教育や介護現場でも使える。そして、お客様は来店してお店のロゴプリントがされているスタッフに接客されて、見た目も楽しく、衛生的にも安心して来店できるようになる。働く人のベンチマークのような存在のマスク。

今までにない対面で働く人のために考えられたマスクを完成系として捉え、馴染み深いローカル的な発想で、ウエットスーツにも使われる素材で、何かまだ世の中にない、新素材ができないか ? と考え、このプロジェクトはスタートしました。
そのクロロプレンゴム素材は、薄く生成する事もでき、タフでもあり、速乾、耐冷耐熱、そして縫製の仕方で、均衡の取れた立体造形ができると考えたからです。

当然、そのまま使っては息を通すことができず、全くマスクとしては失格です。そこで、従来から企画商材や広告販促商材を開発する経験値があったため、合成ゴム素材の開発を専門にする開発会社の代表志賀満義さんと協議を重ね、さらにマスク装着される職業の方への取材、モニタリングを重ね、ついに、日本初の新呼吸素材「Breeze Hole TM」が完成しました。

自身の会社は広告代理店でもあるため、アドマスク- 呼吸-co-que として皆様の働く人の売り上げ貢献や販売促進にもお役に立てられるよう願いも込めてネーミングいたしました。

せっかくの新呼吸マスクなので、その道のプロフェショナルの茅ヶ崎の知人に声をかけ、マスク形状は、パタンナーの柴田和子さん。オーセンティックなマスクデザインには、広告分野で大手クライアントの案件に関わる村上大師さんに声をかけ、今回このプロジェクトを発表することができました。

このプロジェクトに関わっていただいたみなさんには、この場を借りてお礼申し上げたいと思います。皆様には是非、新しい生活様式の仕事の場にこのアドマスク- 呼吸-Co que が使われ、お役に立てられる事ができれば幸いだと願っております。
角本隆一

1.png
メールでお問い合わせはこちら

社名 : 株式会社 ダイスコミュニケーション

所在地 : 東京都中央区湊2丁目6番4号 RKビル
TEL:03-3523-3188 / FAX:03-3523-3189

WEB : http://www.dice-com.jp/index.html